蜘蛛の糸

セミの抜け殻が1本のクモの糸にぶら下がっていました。
この状況でサナギから孵ったとは思いにくいし、
どうしてこんなことになっているのかよくわからんですよねw
この様子を見ていたら、太宰治の「蜘蛛の糸」を思い出しました。
まぁ、このセミの場合は地獄から天国への助けの糸というわけではなく、
長い幼虫時代から成虫へのステップアップであったわけで、
短い人生を全うしたであろうことを祈ります。
蜘蛛の糸
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


いったい、いくらなんだよぉ~(わーん)
いったいいくら?

関連記事:

記事の評価

よろしかったらポチッと(Facebook非連動)
いいね! (未評価です)
Loading ... Loading ...
    • jry24
    • 2009年8月26日 22:27

    頭文字エムさん、こんばんは!
    う~ん、見れば見るほど不思議・・・です。
    くもの糸が偶然からみついたのでしょうか。自然は面白いですね^^
    迷わず110円を選びます!!(笑)

  1. こんばんはー。
    コメントありがとうございます^^
    地上2mくらいの高さのところにぶら下がっていたのですが、
    偶然クモの糸がくっついちゃったと考えるのが自然でしょうねw
    缶コーヒーは110円入れたところ、両方のランプが付きましたよw

  1. トラックバックはまだありません。


2 × 5 =

このサイトについて