ホシゴイ

ホシゴイって名前の野鳥はいません。
ゴイサギの幼鳥をホシゴイって呼ぶのです。
幼鳥の特徴である羽の斑点模様が星のように見えるからなんだってさー。
この子は池の畔を歩いていたら、突然木陰から現れました。
体長60cm程もある巨体なので、かなりびっくりします(びっくり)
ホシゴイ
1枚目の写真の目と比べると、曇っているように見えますね。
鳥の眼にはまぶたとは別に、まぶたと眼球との間に瞬膜という半透明の薄い膜があります。
潜水するときや、高速で飛行するときに眼を保護する役割があるとされます。
この写真はその瞬膜を降ろしたところですね。
ホシゴイ
全体像はこんな感じ。
ホシゴイ
近づきすぎて、目をクワッと見開いて睨まれてしまった(笑)
おー、怖い怖い(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ
ホシゴイ

関連記事:

記事の評価

よろしかったらポチッと(Facebook非連動)
いいね! (未評価です)
Loading ... Loading ...
  1. こんばんは~(ΘoΘ;)
    なんてお子ちゃまらしからぬ形相ですね(笑)。
    ペンギンのようなゴイサギの子供だったのですか~。
    夜行性で水にも潜るのですか(@_@;)
    ゴイサギも未見ですが、川辺でホシゴイがいきなり出て来たらちょっと怖いですね。
    いつも野鳥の生態を記事に書いて頂いて勉強になります(^O^)。

  2. おはようございます。
    ゴイサギの幼鳥のことをホシゴイと言うんですね~♪
    また一つ勉強になりました^-^
    まぶたと眼球との間に瞬膜という半透明の薄い膜が!
    わぁ~その膜、私も欲しいです☆
    海やプールで泳ぐ時、水中でどうしても目を開けることができないので、
    その膜があったら・・ヾ( 〃∇〃)エヘ
    眼光鋭いですね!!
    迫力があって、ちょっと怖いですが。。
    うっすさん、どのくらいの距離で撮っていらっしゃるんですか?

  3. ホシゴイとゴイサギが並んでると、知らない人は10人中10人が別の鳥だと思うでしょうね。
    幼鳥といっても完全に巣立ちして一人で生きていけるから立派な大人ですけどね。

  4. こんばんわー^^
    この子は幼鳥なんですか?
    それにしては、すごい迫力ですね~
    眼光の鋭さには驚きました!
    さらに、身体の立派さにも!!
    いきなり出逢ったら、後ずさりしそう(笑)

  5. こんばんは!
    初めて見ましたよ~
    羽根の模様がいいですね。
    体形、頭のとさからしきものを見て、説明を受けますと納得です。
    それにしてもよく見つけられましたね。
    多くの野鳥を見られているのには驚きです。
    応援P!!

  6. こんばんは^^
    ゴイサギの幼鳥を初めて見ました
    成鳥とは全く違うのですね
    目の色も変わってしまう?
    ゴイサギの目って 赤かったような気がしますけど・・・
    鋭い眼光・・幼鳥でも迫力ありますね
    もう直ぐ変身する頃なのかしら?

  7. これで幼鳥なんですか?
    体長とか嘴とか目つきとか、ちょっと怖い鳥さんですね。
    いきなり遭遇したらカメラを向けるどころか、しりもちついてしまいそうです。

  8. こんばんは~。
    この子が幼鳥だなんて、信じられないですよね(笑)
    目つきはいぶし銀の風格です。
    ゴイサギの成鳥はペンギンの様ですね。
    実際はコウノトリの仲間なんですよ。
    以前は都内でもエサ場となりそうな池や川で結構見かけられましたが、
    最近はすっかり見かけなくなりました。
    巨体だし、目つきも鋭いので、近くで見るとちょっと怖いですね(笑)

  9. こんばんは~。
    知らない方はホシゴイとゴイサギは別の野鳥だと思うでしょうね。
    瞬膜はいいですっよねぇ。
    泳げない方には欲しいアイテムかも(笑)
    でも、人間が瞬膜持っていたら、ちょっと怖いかもしれませんね(笑)
    幼鳥らしからぬ顔つきで、迫力ありますよね。
    この子の撮影は、7~8m位だったと思います。
    ちょっとずつ間合いを詰めていったら、睨まれました^^;

  10. こんばんは~。
    知らない方は別の種類だと思うでしょうねぇ。
    色が全く違うし。
    ここまで成長すると、親から餌をもらうこともなく、
    自分で探すのですから、幼鳥という言い方は合わないかもしれませんね。
    若って感じかな。

  11. こんばんは~。
    この子はまだ幼鳥なんですよ(笑)
    羽の状態を見れば何歳かが分かるらしいですが、私には分かりません^^;
    幼鳥と言っても、ここまで成長していると独り立ちしているので、立派ですね。
    眼光も鋭くて、迫力ありますね。
    大型の余裕なのか、近づいても逃げる素振りを見せません。
    逆に、睨まれました(笑)

  12. こんばんは~。
    以前はエサ場となるような池や川に成鳥と一緒にいるのを見かけたものですが、
    最近は見かけなくなりました。
    あと、結構、木に登って、木陰に隠れている場合もあるので、
    見つけにくいというのもあるかと思います。
    知らなかったら、ここまで大きく成長していたら幼鳥だとは思わず、
    ゴイサギとは別の種類だと思いますよね。
    この子は池のそばでエサ探しをしていたので、撮影は楽でしたよ^^

  13. こんばんは~。
    幼鳥と言っても、大きくて迫力あるでしょう(笑)
    羽の色や状態を見れば、年齢やあとどれくらいで成鳥になるか分かるらしいですが、
    私には全くわかりません(笑)
    目の色も若干違う様ですね。
    成鳥の写真と見比べてみたら、成鳥の方が目の色が濃いようですね。
    幼鳥から成長へ変身していく様を観察すると面白いかもしれませんね。

  14. こんばんは~。
    これで幼鳥なんですよ(笑)
    生まれたての時は、どれくらいの大きさなのかは知らないのですが、
    幼鳥といえども大きくて、迫力ありますよね。
    なので、怖くてあまり近づけません(笑)
    睨まれちゃうので^^;
    突然出会うと、しりもちつくか、固まってしまうでしょうねぇ(笑)

  1. トラックバックはまだありません。

スパム対策です。数式が成立するように数字を入力してください。

このサイトについて

赤とんぼ スプリング・エフェメラル ジョウビタキ ゼフィルス ルリビタキ イルミネーション カワセミ オオムラサキ アサギマダラ ナミアゲハ モズ ウスバアゲハ コスモス シオカラトンボ メジロ マユタテアカネ アカボシゴマダラ ツマグロヒョウモン ヤマガラ アオスジアゲハ ウラナミアカシジミ ミドリシジミ ツマキチョウ ミヤマアカネ キタテハ よこはまコスモワールド スローシャッター モンシロチョウ ネキトンボ