ナナフシモドキ

ナナフシモドキを見つけました^^
こりゃ慣れないと、見つけられませんよ^^;
擬態昆虫の王様ですなー。

名前にモドキと付いていますが、立派なナナフシです。
節の多い枝(ナナフシ)に似ている(モドキ)から、この名前が付いているようですね。
前脚はバンザイ状態で捕まっているのね。
ナナフシモドキ

こっちの子は左足が一本ありません。
でも、ご心配なく。
脱皮の度に短い足が再生して、元に戻るんだってさー。
ナナフシモドキ

お顔はちょっとユーモラスですね^^
前脚を前に伸ばしていますが、付け根が細くなっていて、
頭部がすっぽりとそのくぼみには入るんですね(びっくり)
ナナフシモドキ

脚の付け根も枝にそっくり。
ナナフシモドキ

前脚の先端でしっかりと掴まっているんですねー。
ナナフシモドキ

ところで、ナナフシモドキは単性生殖らしい。
メスだけで繁殖するのよ。
オスは今まで7例ほどしか発見されていないとか。
だから、今回の写真もメスなのでしょう。
オスを探してみようにも、見分け付くのですかねぇ(笑)
ちなみに幼虫の写真はこちら(ナナフシの幼虫 )。
幼虫は触角の長さから、エダナナフシの様です。

関連記事:

記事の評価

よろしかったらポチッと(Facebook非連動)
いいね! (未評価です)
Loading ... Loading ...
  1. こんばんわぁ
    貴重な姿、面白いですねー
    これは、ぜったいわたしには見分けつきませんね~
    見事な擬態です☆
    メスだけで繁殖するなんて、オスの立場は微妙ですね

  2. うっすさん、こんばんは!
    何ともユニークな容姿ですね!
    以前にも、他のブロガーで拝見しましたが 未だ「ナマ」の姿をみたことないんですよ!
    葉の大きさからして、かなりのサイズのようですが・・・
    いても気づかないだけかもですね!
    ポチッ!

  3. ナナフシって以前にも紹介して下さったことありますよね。何度見ても、不思議な生き物ですね。
    私だったら絶対に見落とします。
    だって、どう見たって枝だもの。
    うっすさん、よく赤ちゃんを見つけましたね。
    体長1.5cmのを見つけるなんて、たいした千里眼です。
    メスだけで繁殖するって、どうやって?
    一応、オスもいるの?
    オスは子孫も残さず、ただ生まれてきて死ぬだけ?
    何かなぁ、かわいそうだなぁ。

  4. うっすさん、おはようございます♪
    ナナフシモドキ、可愛いですね~^-^
    ほんと、細い枝みたい・・私、絶対に見つける自信がありません(笑)
    幼虫なんて、めっちゃ可愛らしくて胸キュンしちゃいました(*’-‘*)キュン
    でも、きっと触れないと思います(≧m≦*)
    メスだけで繁殖するってどうやって繁殖するんでしょう?

  5. おっ、もう出てるんですか。
    近くのお宮さんではまだ見掛けません。
    しかしホントに、すっとぼけたユーモラスな顔ですね。

  6. 森の忍者ですね!!
    忍法枝変わりの術ですね^^
    自然界の生き残る知恵って素晴らしいですね^^

  7. ナナフシいいですね。
    何匹が獲ってきて庭に放したら数年後に増えてないかなーなんて考えたことありますよ(笑)
    ナナフシがいる庭。
    いいなーいいなー。

  8. 前足が邪魔で、ご飯が食べれそうにもない!!
    どうやって食べるんだろう???

  9. 見事な擬態も場所を間違えちゃうとマヌケになっちゃいますね。
    このナナフシモドキは緑色の茎・枝の植物にいてこそ完璧なのになー。
    そういえば以前、茶色のタイプを見ましたが、茶色の方が目立ちにくいような気がしませんか。

  10. こんばんは~。
    面白い姿ですよね~。
    1本の木に5~6匹見つけたので、絶対数は多いと思うのですが、
    何せ最初に見つけるのが大変なんですよね^^;
    忍者ですなー。
    メスだけで繁殖するので、自然界のナナフシモドキはほぼメスの様ですよ。
    オスの存在価値がなくなり、生まれてこなくなっちゃったんでしょうねぇ。

  11. こんばんは~。
    ユニークな存在ですよね~。
    この日、1カ所で5~6匹見つけているので、絶対数は多いと思うのですが、
    見事な擬態で最初に見つけるのが大変なので、見たことない方も多いのでは?
    最初の写真の個体は終齢の様で、体長10cm位。前足を伸ばしているので、全長20cm近いですね。
    こんなに大きいのに枝そっくりなので、スルーしちゃいますよね。
    榎、桜、コナラ、ノイバラ等の葉を食べるので、探してみると見つかるかも知れませんよ。

  12. こんばんは~。
    以前紹介したのは幼虫で、成虫は今回初めてのご紹介になります。
    枝そっくりでしょう?
    数は決して少なくないと思いますが、
    見つけにくいので、見たことない方も多いと思います。
    メスだけで繁殖とは、交尾行動をせず卵を生み、孵化するってことでしょうね。
    だから、遺伝子は同じ。クローンということですね。
    自然界ではまずオスは生まれてこないようです。

  13. こんばんは~。
    ナナフシモドキ、ユーモラスでかわいいでしょう?
    枝そっくりで、見つけるのが大変なんですよ(笑)
    でも、一度見つけてしまうと、コツが分かってくるかも。
    触れないですか(笑)
    ナナフシは危害を加えないので、怖くないですよ~(笑)
    メスだけの繁殖とは、交尾をせず卵を生み、孵化するってことですね。
    この世のナナフシは、全て親と同じ遺伝子を持っているクローンってことになりますね。
    飼育するにしても、つがいにする必要がないので、楽かもしれませんね。
    やってみようかな~(笑)

  14. こんばんは~。
    ナナフシ、いっぱいいましたよー。
    数カ所の木で見つけましたが、多い木では5~6匹いたかなー。
    アジサイの葉の上にもいたりして。存在がバレバレでした(笑)
    顔はユーモアたっぷりですよね。
    でも、一応女の子なので、かわいいって言ってあげたい(笑)

  15. こんばんは~。
    擬態に関しては、右に出るものはいないでしょうねー。
    変わり身の術を得意とする森の忍者ですねー。
    しかし、体の細かい部分を見ても、すっかり樹の枝ですよね。
    よくもここまで真似できるもんです。

  16. こんばんは~。
    おー、ナナフシがいる庭、想像するだけで楽しそうですね。
    単性生殖なので、ツガイにする心配もいらないし。
    コナラ、桜、榎などの木があれば、増えるんじゃないですかね。
    春先に小さな赤ちゃんナナフシがたくさんいたら、楽しそう^^

  17. こんばんは~。
    このままじゃ、食事できそうもないですね。
    さすがに食事の時は、バンザイポーズは止めるんじゃないですかね。
    何匹か捕まえてきて、観察&飼育してみるかなー。

  18. こんばんは~。
    さすがの擬態の王様(メスだから女王か)も、葉っぱの上だとバレバレですね。
    今度は緑の枝に真似ている奴を探してみますね。
    見つかるかなー(笑)
    茶色のタイプも探してみましたが、いなかったんですよ。
    って言うか、見つけられなかったのかも(笑)
    影で、シメシメって笑われているかもしれません。

  1. トラックバックはまだありません。

スパム対策です。数式が成立するように数字を入力してください。

このサイトについて

赤とんぼ スプリング・エフェメラル ジョウビタキ ゼフィルス ルリビタキ イルミネーション カワセミ オオムラサキ アサギマダラ ナミアゲハ モズ ウスバアゲハ コスモス シオカラトンボ メジロ マユタテアカネ アカボシゴマダラ ツマグロヒョウモン ヤマガラ アオスジアゲハ ウラナミアカシジミ ミドリシジミ ツマキチョウ ミヤマアカネ キタテハ よこはまコスモワールド スローシャッター モンシロチョウ ネキトンボ