ヤマトシジミ

ルリシジミ、ツバメシジミと共によく見かけます。
都市部ではもっとも多いシジミチョウではないでしょうか。
でも、なぜか今シーズンはあまり見かけることがありませんでした。
ヤマトシジミ
ヤマトシジミ
ヤマトシジミ
ヤマトシジミ
オスは光沢ある翅を持っています。
ヤマトシジミ

関連記事:

記事の評価

よろしかったらポチッと(Facebook非連動)
いいね! (未評価です)
Loading ... Loading ...
  1. うっすさん、こんばんは!
    ヤマトはやはり少ないですね!
    原因は春先の異常低温でしょうか・・・
    このせいで孵化出来なかったか孵化しても死んでしまったか・・・
    今の第二世代は、春に生き残った少ない個体からですので それが影響しているのでは(私の推測ですが)・・・
    我がフィールドも同様で、しかしベニやツバメが沢山いるのも不思議なんすが・・・
    ポチッ!

  2. 少しブルーがかった色の羽でしょうか?
    オスとメスとでは全然違っているのですね。大きさもオスの方が若干小さめのように見えます。
    見比べると、それぞれに良さがありますね。
    都心部で一番良く見かけるとの説明ですが、あまり記憶にないですね。ベニちゃんは数回見つけましたけど。

  3. うっすさん、おはようございます♪
    オスとメスでは、羽の模様も色も違うんですネ^-^
    ヤマトシジミちゃん、お目目がとってもひょうきんな
    ような~(≧m≦*)ムフッ
    シジミ蝶って、優しい感じでとっても好きです♪

  4. そうそう、こちらでも少ないですよ。
    なんだか、気味悪いですよね~。

  5. ヤマトシジミは目が他のシジミチョウと違って、グレーっぽい色してますね。
    この目に見つめられると・・・、可愛いんですよねー。
    天気がよくないから最近はまともに撮影してませんが、確かに少ないかも。
    今シーズンは1枚しか撮ってないかも。

  6. こんばんは~。
    ですねー、今年はあまり見かけませんよね。
    私もkameさんの考察に同意見です。
    春先の温度変化に絶えられず、幼虫が死んでしまったのかもしれませんね。
    今の世代の個体たちの子供達がこれからたくさん姿を見せてくれることを祈ります。
    でも、そう考えると他の種類がいるのは不思議ですね。
    孵化の時期が若干ずれているのかもしれませんね。

  7. こんばんは~。
    少し誤解を招く書き方をしてしまったかもしれません。
    翅の裏(閉じた状態で見れるところ)の模様はオスメスであまり違いはありません。
    メスが若干暗い感じがするくらいです。
    でも、翅を広げると、オスは最後の写真のようにブルーの光沢模様を持っているのです。
    メスの翅の表は黒いんですよ。
    大きさの違いはあまり無いと思いますよー。
    ベニちゃんは色が目立つので、存在がすぐわかりますね。
    この子は地面の低いところを飛んでいるので、気が付きにくいかもしれません。
    カタバミやシロツメクサが好きなので、これらの花が咲いていたらいるかもしれませんよ。

  8. こんばんは~。
    誤解される書き方をしてしまいました^^;
    翅の裏側(翅を閉じて見れるところ)はオスメスであまり違いはないのです。
    メスが若干色が暗い感じ程度で。
    翅を広げたときに、オスはブルーの光沢模様を持っているのです(最後の写真ね)。
    メスは地味で、羽の表は黒いんですよ。
    今までご紹介したシジミチョウは皆真っ黒な眼を持っているのに、ヤマトシジミは色が違いますね。
    ちょっとお茶目な感じもしますね^^
    いずれにしても、シジミチョウは皆優しいかわいい顔をしていますよね。

  9. こんばんは~。
    のびさんのフォールドでも、少ないですか。
    春先の異常気象の影響かもしれませんね。
    これから増えてくれるといいのですが。

  10. こんばんは~。
    他のシジミチョウは目が真っ黒なのに、この子はグレーなんですよね。
    なぜなんでしょ?
    2枚目の写真では、なんだか見られているような気がします(笑)
    この梅雨、東京では週末は雨が降らない事が多いのですが、それでも見かけない気がします。
    今回のヤマトシジミは今年初ショットです。

  1. 2013年10月24日 10:52
    Trackback from : ネイチャー探索日記

    ヤマトシジミ

  2. 2013年10月24日 10:54
    Trackback from : Strolling with Camera

    ヤマトシジミ

    ルリシジミ、ツバメシジミと共によく見かけます。
    都市部ではもっとも多いシジミチョウではないでしょうか。
    でも、なぜか今シーズンはあまり見かけることがありませんでした。


7 × 1 =

このサイトについて