チョウトンボ

チョウトンボはトンボ界でも異質な存在ですね。
チョウのように幅広の翅を持ち、ヒラヒラ飛びます。
そしてなにより、金属光沢を持った翅が美しいですね。
光が強すぎて、キラキラ感があまり出ていないなー(しょぼ)
トンボは暑い時、お尻を高くあげる逆立ちポーズをしますね。
体にあたる日光の面積を最小限にしようとしているらしい。
チョウトンボ オス
チョウトンボ オス
君は顔まで青いんだねぇ。
ちなみに顔の青い部分がトンボの額ですよ。鼻のように見えますが(笑)
チョウトンボ オス
そして懲りもせず、飛翔写真^^;
チョウトンボ オス
チョウトンボ オス
これまでご覧頂いたのは全てオスです。
メスは黒光りしている感じ。
唯一撮れたメスの産卵シーン。
チョウトンボ メス
奥の岩陰にドッキングしたトンボが写っていますな(笑)

関連記事:

記事の評価

よろしかったらポチッと(Facebook非連動)
いいね! (未評価です)
Loading ... Loading ...
  1. うっすさん、こんばんは!
    とてもいいシーンに出逢えましたね!
    ここまで大きく撮れるなんて羨ましいです!
    我がフィールドでは、滅多に見られず・・・
    昨年、ハス田で見かけたものの遠過ぎて(笑)
    飛翔シーンも流石ですね!
    ポチッ!

  2. トンボと蝶の融合、こんなトンボがいるんですね。
    しかも、何てきれいな青い色。
    神様は、粋な生き物をこの世に送り出したものですね。
    うっすさんのお写真がとても鮮明に撮れているので、この珍しいトンボさんを堪能することができました。
    ありがとうございます。
    青く光ったオス、黒光りしたメス、どちらも見かけたら一目でわかりそうですが、街中では遭遇できるチャンスは滅多になさそうですね。どこなら出会えるのかな?
    実物を見てみたいですね。

  3. こんにちは^^
    お久しぶりです!
    チョウトンボ凄く綺麗に撮られていますね!!
    このトンボさん飛んでいるところみたことありますが
    独特ですよね!
    羽の色がとっても美しいです!!
    流石です!
    体調は、まだ今いちですが。。。ご心配ありがとうございます!!

  4. いやー、このチョウトンボ、確かに変わってますよね。
    翅の光沢は、光の加減で色が変化しますよね。
    表面の微小な凹凸が作り出す色彩は美しいです。
    飛翔写真の方は翅の光沢が綺麗にでてますね~♪

  5. こんばんは☆
    とんぼさんのお写真がとっても大きく綺麗に撮影されていますね。
    飛んでいる様子もバッチリ撮れています。
    青い綺麗なトンボさんに出会ってみたいです。
    ポチッ!

  6. こんばんは~。
    このトンボが見られる場所はだいぶ限られていますね。
    撮影場所は東京多摩地区にあるやたら広い公園ですが、
    ここにはたくさんのチョウトンボが飛び交っています。
    チョウトンボの交尾や縄張り争いも見れますよ。
    あまり止まらず、跳び回ってばかりいるので、撮影は難しいですね。

  7. こんばんは~。
    このトンボは見たことある方は少ないかもしれませんね。
    ユニークな翅を持っているだけでなく、青い金属光沢のある美しい翅が魅力的ですよね。
    写真で堪能していただけて、嬉しく思います。
    もう少しキラキラ感が出るとよかったんですけどねー。
    また撮り直しに行ってきますね。
    都市部ではまず見られないと思いますが、やはり湿地帯で繁殖します。
    周りを草で覆われた池や沼に行けば、名古屋でも見ることができると思いますよ。

  8. こんばんは~。
    ご無沙汰しております。
    お元気かなと思い、足跡を残させて頂きました。
    どうぞお大事になさってくださいね。
    このトンボが飛んでいるところを見たことありますか!
    キラキラ光りながら、フワフワ飛ぶ姿は美しく優雅ですよね。
    写真ではあまりキラキラ感が出ませんでした。
    またリベンジしたいと思います。

  9. こんばんは~。
    トンボの中では異質な存在ですよね。
    今回、光の加減でしょうか、ベタッとしちゃってキラキラ感が出ませんでした。
    近づきすぎちゃったのも原因ですかね^^;
    少し離れたぐらいが丁度いいのかもしれません。
    チョウトンボは動きが他のトンボとちょっと違うので、飛翔写真は結構難しいですね。
    私の他に数名の方がトライしていましたが、皆さん玉砕したようで^^;

  10. こんばんは~。
    トンボは大好きな昆虫なので、撮影には自然と気合が入ります(笑)
    やっぱり大きく撮りたいですからね。
    最近は止まっている姿&飛翔シーンにも挑戦しています。
    このトンボは生息域は限られているようなので、出会う機会は少ないかもしれませんが、
    あきさんも出会えるといいですね。

  1. トラックバックはまだありません。


3 × 8 =

このサイトについて