トンボ 番外編

今日は特定のトンボではなく、こんなトンボを見たというお話です。
まず最初は、迷い込んだコシアキトンボ。
某公園の休憩所で休憩しておりました。
その休憩所はガラス戸で囲まており、通常は全て閉まっておりますが、1箇所だけ開いていたのです。
その開いたガラス戸から、1匹のコシアキトンボのメスが迷い込んしまい、
しばらくの間、出口を探すように休憩所の中を飛び回っていました。
迷い込んだコシアキトンボのメス
ちゃんと出られるかなーと思いながら行動を観察していると、
出口が見つからず諦めたのか、意を決してベンチにピョンピョンと産卵行動をし始めたのです(びっくり)
まさかと思いベンチを確認してみると、そこには卵が!
コシアキトンボの卵
とても小さな卵です。
推定0.5~0.7mm位でしょう。
1個づつではなく、まとめて生むんですねー。
しかしトンボの卵を見るのは初めてです。
ちょっと興奮してしまいました^^;
その後、コシアキトンボさんは無事出口を見つけ、休憩所を出ていきました。
次は、シオカラトンボです。
腹部が”く”の字に折れ曲がったシオカラトンボを見ました。
シオカラトンボ
天敵に襲われ傷ついてしまたのか、うまく羽化できなかったのか・・・
他の部分の状態を見ると怪我をしている様子もなく、翅もきれいです。
羽化時に失敗しちゃったのかなー(しょぼ)
普通に飛び回っていたし、体の色も成熟しています。
命には別状無さそうですが、ちょっと心配ですね。

関連記事:

記事の評価

よろしかったらポチッと(Facebook非連動)
いいね! (未評価です)
Loading ... Loading ...
  1. こんばんは☆
    トンボさんの卵は初めて見ました。
    小さくてつながっているのですね。
    休憩室に迷い込んでしまったのですね。
    自然界で生きているというのは
    厳しいこともありますよね。
    腹部が折れて可愛そうですね。
    ポチッ!

  2. うっすさん、こんばんは♪
    わぁ~トンボの卵!初めて見ました\(◎o◎)/!
    この中から小さな新しい命が産まれると思うと、
    感動ですね(*’-‘*)キュン
    一個一個離れていなくて、繋がっているんですね☆
    シオカラトンボさんは、この曲がった腰は、
    ずっと曲がったままなんですね?
    見ているととても切なくなってきます・・・
    これも自然の厳しさなんでしょうネm(__)mクスン

  3. こんばんは^^
    トンボさん、部屋の中に入って来ることがありますけど 産卵しちゃうとは・・・
    産気付いちゃうと産まなきゃダメなのかしら?
    ベンチの卵はどうなるのか気になります
    腹部の折れたトンボさんも どうされたのでしょうね
    元気に生きて欲しいですけど・・・

  4. うっすさん、こんばんは!
    トンボの卵って、普通水面下ですので見ることもなく・・・
    水のないところに産卵とは、そうとう焦ったんでしょうね(笑)
    シオカラのこんな絵も初めて・・・
    羽化時にトラブったのか・・・元気そうなのは何よりですが・・・
    ポチッ!

  5. なんだか、ちょっとカワイそうなシーンですね。
    うっかり建物に迷い込んだばかりに
    生まれてこない命になってしまった卵はやるせないですね~。

  6. パニック状態で自分でも何をしているのか分からなくなってしまったんでしょうか。
    卵は残念ですが、親が無事に脱出できたのは何よりです。
    時々、出られなくなって死んじゃった蝶やトンボを見かけますから。
    シオカラ♂はすごい状態になってますねー。
    これではメスと合体はできないでしょうが、頑張って生きてほしいですね。

  7. こんばんは~。
    トンボの卵は普通水中なので、見る機会はないですよね。
    まさかベンチに生むとは。
    1個1個生むのではなく、いくつかまとめて生むようですね。
    ベンチに生みつけられた卵は乾燥して死んでしまうと思います。
    なんだか切ないですね。
    腹部が折れてしまったトンボもそうですが、
    自然界で生きていくのはそうとう厳しいでしょうが、
    でもとても逞しいですね。

  8. こんばんは~。
    トンボの卵は普通水中に生みつけられますから、見る機会はないですよね。
    私も今回初めて見ました。
    よーく見ないと存在も確認できないくらい小さいです。
    こんな小さな卵から命が生まれるのですから凄いですねぇ。
    でも、ここで生まれてしまった卵はトンボにはなれないんですよね。
    腹部が折れてしまったトンボも、普通に飛び回っていましたが、
    生きていくのに支障はないのでしょうか、心配になります。
    切ない気持もありますが、逞しさも感じますよね。

  9. こんばんは~。
    たまに部屋の中に飛び込んできますね。
    でも、まさかベンチに卵を産んでしまうとは。
    産気づいちゃったんでしょうか。
    ベンチの卵はとても小さいもので、よーく目を凝らさないと気付かないと思います。
    たぶん乾燥して死んでしまうでしょうねぇ。
    池に移動してあげればよかったかなぁ。
    腹部の折れてしまったトンボはショッキングですね。
    見ていて切なくなりますが、たくましく生きている姿は感動ですね。

  10. こんばんは~。
    普通トンボの卵は水中ですから、見る機会はないですよね。
    私も生まれて初めて見ました。
    ベンチに生んでしまうとは、産気づいて切羽詰まっていたのでしょうかねぇ。
    親トンボは無事に外に脱出できてよかったです。
    腹部の折れたトンボはショックですねぇ。
    翅もきれいだし、他を怪我している様子もないので、
    羽化の時にトラぶったのではないかと想像しております。
    でも逞しく生きている姿は感動ですね。

  11. こんばんは~。
    産気づいてしまったのでしょうか。
    切羽詰まっていたのでしょうねぇ。
    ベンチに生みつけられてしまった卵は、小さすぎて誰も気づかないと思います。
    このまま乾燥して死んでしまうでしょう。
    この卵がトンボになれないのは、ちょっと切ないですね。

  12. こんばんは~。
    パニックを起こしていたと思います。
    そして卵を産まなくちゃという本能が産卵させたのかもしれませんね。
    産卵していたという事実を知らなければ、小さな卵は誰にも気づかれないでしょうね。
    生まれた卵はトンボにはなれないのは、切ないですね。
    かわいそうだから出してあげようとドアを開けようかと思った途端に、
    出口を見つけ無事脱出していったので、よかったです^^
    このシオカラはだぶん、オスとして自分の子孫を残すことはできないかもしれませんね。
    そのことがすごく切なく思えるのですが、逞しく生きて欲しいですね。

  1. トラックバックはまだありません。


4 + = 9

このサイトについて