ルリタテハ

樹液を求めて、多くの昆虫が集まるクヌギの木があります。
いつもはたくさんのカナブンが占領しているのですが、普段と違ったお客様が来ていました。
ルリタテハです。
翅裏は枯葉や樹皮にそっくりで、うっかりすると見過ごしてしまいます。
ルリタテハ
しかし翅を広げると、なんと美しい瑠璃色の輝きを見せてくれます。
ルリタテハ
この子はマクロで近づいても逃げません^^
ルリタテハ
お食事中のお顔を拝見。
ルリタテハ
翅裏も地味の一言では片付けられない、複雑な模様を持っていますね。
これはこれで美しいと思うのです。
ルリタテハ
動画も撮ってみました。
気が向いたらご覧くださいね~。

(EOS 7Dの動画機能で撮影)
この子を撮影して、園内を1周した2時間後、まだいました(笑)

関連記事:

記事の評価

よろしかったらポチッと(Facebook非連動)
いいね! (未評価です)
Loading ... Loading ...
  1. シグマの150mmマクロ、よさそうですねー。
    これだけクッキリ見えると、女性のアップは厳禁ですね。
    ところで、今回は三脚使用ですか?
    動画とかSS1/60とか、手持ちじゃ絶対無理ですからね。
    セッティング中に逃げられそうで、マクロで三脚は使ったことが無いんですよ。
    60mmMACROだと何とかなりますが、150mmはやっぱり手持ちは無理ですよね。

  2. うっすさん、こんばんは!
    ルリタテハ、嬉しいお客さんですね!
    翅表の美しさ、ホレボレします!
    ↑このレンズ、150mmマクロ?
    この玉、一番使ってみたいレンズなんですがPENTAX用がないんですよね
    180mmはかさばるし・・・(笑)
     
    ところで、動画見れないんですが・・・?
    真っ白の余白です(当方Mac使用)
    ポチッ!

  3. 再度開けたら見れました!
    お騒がせを・・・

  4. ルリタテハさん、とても綺麗です。
    翅の表と裏とで こんなにも違うなんて、他の蝶もそうなのかな?
    瑠璃色も樹皮と間違えそうな色も どちらもパールがかっていて、宝石よりも美しくきらめきていると思います。
    動画も見ました!
    結構 パタパタと翅を動かすのですね。完全にピタッ!と閉じた姿がかわいくて、何回も見ましたよ。

  5. うっすさん、こんばんは♪
    わぁ~ルリタテハさん、とても美しい蝶ですね~^-^
    翅の表と裏の模様が全然違うので、動画のように開いたり閉じたりするたびに、楽しめますね~(*’-‘*)キュン
    翅裏も光沢があるパール仕上げのような質感で、
    煌めきがとても美しいです☆
    翅表の瑠璃色にも凄く心惹かれますね~♪

  6. ルリタテハには落ち着いた美しさがありますよね。
    翅の表裏とも
    何とも言えない色合いです。

  7. 今年組が羽化したんですね。きれい!!
    渋いシチュエーションでいいですね。

  8. こんばんは~。
    シグマの150mmマクロ、満足しています^^
    純正に負けていないと思いますよ。
    ここまでくっきりだと、女性のアップは禁物ですね(笑)
    マクロ撮影時は三脚を使用しています。
    手ぶれ補正もないので、手持ちじゃ100%無理ですね^^;
    昆虫撮影時、通常7Dには55-250mmを装着し、150mmマクロは三脚に装着したまま移動しています。
    (150mmマクロは三脚座付きなので)
    マクロ撮影時にレンズ交換するわけですが、
    カメラ2台体制にすると重くて疲れちゃうので、今のところ1台体制です^^;

  9. こんばんは~。
    このクヌギには、色んなチョウが寄ってくるようです。
    目撃情報では、アカボシゴマダラ、コムラサキ・・・
    行けば必ずチェックするのですが、なかなか出会えないです(しょぼ)
    でも、今回ルリタテハが来てくれたので、期待値は大ですね~。
    はい、2枚目以外は150mmマクロです。
    以前は100mmマクロを使っていた時期もありますが、
    今度買う時は焦点距離の長い物をと思い、
    180mmはでか過ぎるし(笑)、シグマには150mmがあるじゃないということで決めました。
    使いたいレンズが自分のカメラのマウントに合わないというのは、悲しいですよねぇ。
    動画見れてよかったです^^
    あまり面白くないと思いますが^^;

  10. こんばんは~。
    瑠璃色に輝く翅がとても美しいでしょう?^^
    多くのチョウは翅の表と裏では模様が違いますが、
    タテハチョウの仲間は、この違いが顕著の様に思います。
    ガラッと違いますよね(笑)
    モンシロチョウも裏表違いますが、こんなに激しい違いではないですね。
    ルリタテハは花の蜜は吸わず、樹液を主なエサとしているので、
    外敵に見つからないように樹皮に似た模様になったのでしょうねぇ。
    翅表の美しさはもちろんですが、裏の模様も艶がありますよね。
    動画、見て頂きありがとうございます^^
    翅をパタパタしていたので、これはぜひ動画でと思い撮影しました~。

  11. こんばんは~。
    翅表がとても美しいでしょう?^^
    翅を閉じて木につかまっていると、同化しちゃって全くと言っていいほど分からないのですよ。
    ちょっと目を放してしまうと、あれどこだっけ?って分からなくなり、
    翅を広げてくれて、「あっ、ここだった^^;」って分かる感じです(笑)
    気まぐれで翅を閉じっぱなしだったり、パカパカしてくれたりなので、目が離せませんね。
    瑠璃色の翅表は当然美しいですが、
    翅裏も地味な模様にも艶があって、美しいですよね。

  12. こんばんは~。
    翅表は派手すぎず、それでいて輝いている落ち着いた美しさがありますね。
    裏も地味とは言い難い、模様と艶があります。
    この色合いは自然が成し得た美しさなんでしょうねぇ。

  13. こんばんは~。
    この子は羽化してまだ時間が経っていないのでしょうか。
    傷もなく綺麗な子でした^^
    この木には他のチョウも集まるようなので、今度張り込んでみようかな―。
    すぐそばでザリガニ釣りもできるし(笑)

  1. トラックバックはまだありません。

スパム対策です。数式が成立するように数字を入力してください。

このサイトについて

赤とんぼ スプリング・エフェメラル ジョウビタキ ゼフィルス ルリビタキ イルミネーション カワセミ オオムラサキ アサギマダラ ナミアゲハ モズ ウスバアゲハ コスモス シオカラトンボ メジロ マユタテアカネ アカボシゴマダラ ツマグロヒョウモン ヤマガラ アオスジアゲハ ウラナミアカシジミ ミドリシジミ ツマキチョウ ミヤマアカネ キタテハ よこはまコスモワールド スローシャッター モンシロチョウ ネキトンボ