アキアカネ

赤とんぼといえばアキアカネと言うほど、最もポピュラーな存在ですね。
そのアキアカネが避暑から帰ってきました^^
アキアカネは初夏に平地で羽化し、真夏の間は山や高原へ避暑に行きます。
何とも優雅な暮らしだと思いますが、気温が30度を超えると生きていけないらしい。
アキアカネが平地に帰ってきたということは、秋が深まってきたと言う事でしょうね。
実は、アキアカネはそんなに赤くならないのよねー。
アキアカネ
アキアカネ
アキアカネ
アキアカネ
アキアカネ
以上4枚はオス。下の子はメス。
アキアカネ
今日は、更新のみで失礼させていただきます。
コメンナサイ(ぺこ)

関連記事:

記事の評価

よろしかったらポチッと(Facebook非連動)
いいね! (未評価です)
Loading ... Loading ...
  1. こんにちは♪
    避暑地に移動するなんて優雅なトンボさんと思ったら
    30度を超えると生きていきていけない、
    移動するのには理由があるのですね。
    メスは赤くならないのですね。
    ポチッ!

  2. こんばんは~(*´▽`*)
    そうなんですね~!アキアカネは30度を越えると
    生きていけないんですね@@
    これ、今いっぱい飛んでるコかなぁ?
    でも全然止まってくれないんですよ。私の目の前を
    からかうように飛んでますが(^_^;)
    オスとメス見分けられて、両方撮れるなんて
    さすがですね~!☆

  3. そうそう、アキアカネさんは暑くなると避暑に出かけるセレブなトンボさんでしたね。
    避暑からお戻りになっているということは、季節が秋に移り変わったのでしょうね。
    そういえば最近は 朝晩が涼しいというより小寒く感じるようになりました。写真撮影に出かけるのに良い季節到来ですね。
    セレブなアキアカネさんにポチ!

  4. うっすさん、こんばんは♪
    アキアカネは、そんなに赤くならないんですね?
    もともと赤いから・・でしょうか?
    30℃を超えると生きていけないなんて・・(´_`。)グスン
    移動するにもちゃんとした理由あってのことなんですね。
    生きる術を本能で知っているんですね。

  5. こんばんは~。
    夏に避暑に行くとは、なんともセレブな生活と思いきや、
    行動すると10度以上体温が上がってしまい、生きていけないそうです。
    夏に平地で過ごす赤とんぼの仲間はいっぱいいますが、
    このアキアカネはデリケートなトンボさんだったのですね。
    オスはお腹部分が赤くなりますが、メスはそれほど赤くならないんですよ。

  6. こんばんは~。
    行動すると10度以上体温が上がるので、気温が30度以上あると生きていけないそうです。
    赤とんぼの中でもデリケートな子なんですねぇ。
    私が日曜日に植物園に行った際には、割と多くの数が飛んでいました。
    アキアカネは比較的止まることが多いと思うので、
    sarahさんの目の前を通過するってことは、違うトンボかもしれません。
    ウスバキトンボかなー。この子は飛びっぱなしです^^;
    アキアカネはオスは腹部が赤くなり、メスはそれほど赤くならないので、すぐ見分けがつきますよ~。

  7. こんばんは~。
    暑い夏は涼しい高原で過ごすとは、なんとも優雅な生活ですね。
    実際は暑いと生きていけないかららしのですが、でも羨ましいですね^^;
    私も暑い夏は涼しい高原の別荘で・・・なんて生活は一生できそうもありません^^;
    このトンボが平地に帰ってきたと言うことは、秋が深まってきたということですね。
    本格的な秋到来です。
    歯を磨く時、水道の水が冷たくなったなーって思います。
    気温も下がり、汗の量もだいぶ減りました。
    撮影の際の体力もだいぶ楽です(笑)

  8. こんばんは~。
    アキアカネは赤とんぼの代表的な存在ですが、
    実はそれほど赤くならないのです。
    ナツアカネやネキトンボなどは真っ赤になります。
    羽を取ったらとんがらし~♪って歌がありましたが、アキアカネじゃないかもです(笑)
    高い気温だと生きていけないらしのですが、今年の夏はとても暑かったですよね。
    影響なかったのか、心配なのです。

  1. トラックバックはまだありません。


4 + = 9

このサイトについて