ヨツボシケシキスイとスジクワガタ

名前は聞いたことがあるものの、実物を見たことがなかったヨツボシケシキスイ。
都市郊外の雑木林でもよく見られる普通種だと言われるが、何故か見たことがない。
umajinさんが写真をアップされていたので、どこで撮影したのか聞いていみると、
一緒に遠征した際に撮影したと言う。
えー、俺は何を見ていたんだ!
大きさは約1cm。
黒色光沢の翅に、左右に斑紋が2つずつある。
ヨツボシケシキスイ
小さな牙があります。小型のクワガタのようだ。
ヨツボシケシキスイ
コクワガタスジクワガタのメスと一緒に樹液を吸っておりました。
※mushisan様のご指摘により、スジクワガタと判明いたしました。
コクワガタとヨツボシケシキスイ
コクワガタとヨツボシケシキスイ
コクワガタスジクワガタのメスも小さくて可愛いですね。
コクワガタ
後日、地元のフィールドを訪れた際、
この地でよく出会うN氏に、ここにはヨツボシケシキスイはいるのかを聞いたところ、
ここにいますよと、目の前のクヌギを指差してくれた。
幹の隙間でうごめくものをよく見ると、ヨツボシケシキスイ。
ヮ(゚д゚)ォ!
本当に都市郊外の雑木林にもいたのね^^;
灯台下暗しとはこのことです(^^ゞ
話は変わりますが、地元のフィールドを探索中、
クヌギの周辺や腐葉土の上に大量のカブトムシの死骸が散乱していた。
どうしたことだ!?
N氏に聞いてみたところ、どうやらカラスの仕業のようなのです。
羽化して腐葉土から出てきたところを狙い撃ちして、食べてしまっているらしい。
運良くその攻撃から逃れた個体も、樹液を吸っている最中にやられてしまっています。
このままでは、この地のカブトムシのピンチです!
何か策はないものでしょうか?
カブトムシの死骸
カブトムシの死骸

関連記事:

    None Found

記事の評価

よろしかったらポチッと(Facebook非連動)
いいね! (SCORE:+1)
Loading ... Loading ...
  1. うっすさん、こんばんはです!
    ヨツボシケシキスイ、私が目にするのは大抵窪みに潜り込んで樹液を貪ってます・・
    なので樹表でうろついてるのはいまだ見たことなし・・
    それに樹液もタップリ・・
    当地ではコナラ等の病気が広がっているそうで・・・昨年迄撮っていた樹も殆ど出ていない状況です・・
    カブトがカラスに・・・
    こうなったらアラスを捕まえて吊るし首にして吊っておくしか・・(笑)
    カラス、恐るべしですネ・・
    ポチッ!

  2. 初めて見る昆虫です!!
    背中の星が誇らしげですね^^
    コクワガタの雌と比べると、小さな昆虫なんですね。
    カラスはカブトムシも食べるのですね。

    • 美由紀
    • 2012年7月4日 18:41

    クワガタと同じような牙を持っているのに
    クワガタという文字は名前に付かないんですね。
    背中の四つ星、キラリ!と格好良いです。
    カラスは本当に厄介者ですね。
    カブトムシが餌食にされているとは、
    自然界は弱肉強食の世界とはいえども やるせないです。
    うちの教室の入り口頭上に 今年初めてツバメが巣を作り、
    最近ヒナが誕生しました。
    まだ幼い弱弱しい泣き声が聞こえてきます。
    このあたりにもカラスがいるもんですから、
    気づかれないといいな、何とか無事に巣立ちしてほしいなと
    祈るような気持ちで毎日見ています。

  3. こんばんは!
    ヨツボシケシキスイ、ご一緒させて頂いた時
    てっきり見ているものと思っていてビックリしました(笑)
    今日、チョピ遠征してきたのですが、コナラの樹液にも
    ヨツボシケシキスイが居ました~
    でも、今までで2箇所目ですけどね・・・。
    カブトムシやクワガタの死骸はカラスの仕業とは・・・
    大型のクワガタは夜行性が強いので、あまり日中は見かけませんが
    カブトムシは以外に日中も活動しているんですよね。
    動きが鈍いカブトムシは、カラスにとって絶好の標的でしょうね。

    • moko♡
    • 2012年7月5日 18:32

    こんばんは^^
    1㎝とは小さいのですね|
    背中の四つ星がカッコいいですけど 小さくて探すのが大変そう・・
    樹液が出てる樹の根元には カブトムシの頭部が転がってることがありますね
    やはりカラスにって聞いたことがあります!
    あまり目にしたくない光景ですけど こればかりは・・・・
    カラスも増えすぎると間引きしてますけどね~

  4. こんばんは~。
    この撮影地では木の表面で樹液を吸っていましたが、
    地元のフィールドでは幹の隙間に潜っていて、ほじくらないと姿を確認できませんでした。
    どおりで、今まで見なかったわけです(笑)
    コナラの病気ですか・・・それは深刻ですね。
    解決するといいのですが。
    カラスには困ったものです。
    見せしめで、吊るし首にするしかないですかね^^;

  5. こんばんは~。
    はまぴーさんも、初めてでしたか。
    名前は聞くものの、私も実物を見たのは初めてでした。
    身近のフィールドにもいたのには、びっくりしました。
    コクワガタのメスも相当小さいですが、それよりも小さいです。
    大きいテントウムシみたいです(笑)

  6. こんばんは~。
    そうそう、クワガタの様に牙を持っているのに、別の科なのです。
    小さい昆虫なので、木で樹影を数っていても、気づかないんですよね。
    翅の模様がカッコイイですね。
    カラスには困ったものです。
    このままではカブトムシやクワガタが全滅してしまうかもと心配しております。
    カラスも生きるのに必死だということは分かりますが、都会のカラスが多すぎるんですよね。
    弱肉強食のバランスが悪いのです。
    ツバメのヒナもカラスの餌食になってしまうケースは多いと思います。
    人間があまりジーっと見ていると、カラスがそれを見て気づいてしまうかも。
    ツバメの巣は、見て見ぬふりがいいかもしれません。

  7. こんばんは~。
    いやー、ゴイシシジミを探すのに躍起になっていて、
    ヨツボシケシキスイの存在には気づきませんでした。
    お二人が何かを撮影されているのは知っていましたが、コクワガタでも撮影しているのかと勝手に思い込んでおりました^^;
    私の自宅近くのフィールドでも存在を確認できたので、安心しました。
    やっぱり都市部の公園でも確認できる、普通の昆虫でした(笑)
    例年、この季節になると、クヌギの木の周りでカブトの死骸を多く見ます。
    保護できればいいのですが、この場所に入れるのは9時からなので、
    早起きのカラスには敵いません。
    カラスもお腹空いているので、仕方ないことなのでしょうが、カラスの数が多すぎるんですよね。
    食物連鎖のバランスが悪いのです。

    • mushisan
    • 2012年7月13日 23:40

    初めましてこんばんわ。
    画像のクワガタ、小さいですが、スジクワガタのオスではないでしょうか。どうでもいいことですけど(笑)
    大変楽しく見させていただいたいます。ありがとうございます。

  8. はじめまして。
    お越しいただき、ありがとうございます^^
    小さいので何も考えず、コクワガタと記述してしまいましたが、
    仰せのとおり、スジクワガタのようですね。
    ちゃんと確認しなければいけませんね^^;
    ありがとうございました。
    またお越しくださいね。

  1. 2017年4月9日 20:34
    Trackback from : ヨツボシケシキスイ飼育方法|寿命・販売価格・繁殖について

    […] 出典:ネイチャー探索日記 […]


× 9 = 27

このサイトについて