シメ

今シーズンはシメをよく見かける気がします。
しかしながら、シメという野鳥は強面にもかかわらず、なかなか臆病な性格のようで、
簡単には近づかせてくれない。
バシッとした写真が撮れず、イライラします(笑)
シメ
そんな中、落ち葉の上に一羽のシメを見つけた。
シメ
ちょっと近づいてみた。
私に気が付きながらも、餌を探している。
シメ
もう少し近づいてみた。
木の影の上にずっといる。カモフラージュのつもりなのか。
シメ
更に接近。
目が真っ赤だね。寝不足?
これが限界。更に接近しようと動いた途端に飛び去ってしまいました。
シメ
そろそろ帰るかと思ったところ、枝の上にいるシメを見つけた。
シメ
シメ
なかなかいい絵が撮れたんじゃないかと、自負しております(笑)
シメ
落ち葉の上にいる個体はメス、木の上にいるのはオスだと思うんですけど、よくわかりません。
難しいね。
(撮影地:東京都立川市)
長い正月休みもあと二日。
今日も行きたい所があったのですが、曇っているし寒いので、鳥さん撮影はやめちゃいました。
まだ行っていない初詣にでも行こうかな(笑)
※記事内容の訂正
1/1にアップしたウソですが、アカウソとウソの混合群だったようです。
記事内容を一部訂正させていただきまました。
m(_ _;)m

関連記事:

記事の評価

よろしかったらポチッと(Facebook非連動)
いいね! (未評価です)
Loading ... Loading ...
  1. こんにちは!
    おおー!シメですね!
    これだけ近くて枝被りも無いと最高ですね~
    私はまだシメを満足に撮れていないので羨ましいです(汗)
    しかし、私のよく行くフィールドで見かけたシメは警戒心が強く
    近づけませんでしたが、このシメは人馴れしているようですね。

  2. こんばんは~。
    例の場所で、最初シメを見つけましたよね。
    遠かったので、撮る気も起きず、モヤモヤしておりました(笑)
    別の場所でなんとか撮れました。
    決して人慣れはしていません。
    シメにとっての安全距離があるようで、その中に入ると、すぐに飛び立ってしまいます。
    これら写真は少しずつ間合いを詰めて撮りましたが、最終的には5m位で逃げられています。

  3. うっすさん、こんばんはです!
    一昨年撮って以来、今季はまだシメもイカルも出逢わず・・
    樹上の3枚、よく撮れてますね?
    玉ボケもいいしこれだけ大きく撮れればもう言うこと無し・・
    見事なもんです!
    ポチッ!

  4. 良い顔してますね!!
    うっすさんには安心しているように思えます。
    羽の紺色がチャームポイントですね^^

  5. うっすさん、こんにちは^^
    シメ、新年そうそう素晴らしいお写真ですね。
    私も撮ったことがありますが、
    私の写真とは比べ物になりません。
    シメってカッコイイですよね。

  6. 最後の写真が一番好きです。
    顔の大きさからいくと 嘴が やや大きめかな? シメという名前の由来は何だったのかな?

    • 椿の茶屋
    • 2013年1月6日 19:41

    こんばんは~。
    シメってよく見かけますけど、おっしゃる通り接近して
    いい絵をものにするのは難しいですね。お見事です。

  7. こんばんは~。
    私もイカルとはなかなか出会えませんが、シメは比較的よく見かけます。
    撮影できるかは別問題ですけど(笑)
    最後の最後でいいモデルに出会えました。
    今まで撮影したシメの写真では、一番いいかも(笑)

  8. こんばんは~。
    強面ですが、凛々しく感じますね。
    この野鳥は人馴れすることは無いように思います。
    私がもう一歩動こうとした瞬間に、逃げてしまいます。
    シメのオスの後ろ羽の紺色は綺麗ですよね。

  9. こんばんは~。
    今年はシメの当たり年?って思うほど、よく見かけます。
    この日は3~4回、シャッターチャンスがありましたが、
    最後の最後で良いモデルに出会えました。
    顔は厳ついですが、凛々しいですよね。

  10. こんばんは~。
    一番最後の写真、私も気に入ってます(笑)
    シメはアトリ科の野鳥ですが、この分類の野鳥は皆くちばしが大きいですね。
    力強そうですよね。
    木の実をバリバリ噛み砕くんでしょうねぇ。
    シメの名前の由来は、「シー」と聞こえる鳴き声と、鳥を意味する接尾語である「メ」が名前の由来となっている、らしいです(Wikipediaより)。

  11. こんばんは~。
    顔つきに似合わず、臆病な性格のようですね。
    性格は意外と優しいのかもしれません(笑)
    ほんと、接近するのが難しいので、いい絵を撮るのは困難ですよね。
    最後の写真の時も、私の様子を伺いながら、枝に止まっていました。
    もう一歩って思った瞬間、逃げられました。

  12. 頭文字エムさん 今日は~♪
    本当に、シメって良い背景に来てくれません!
    昨日出遭いましたが、背景が悪いのなんの…
    でも、写して置かないと次がないと困りますし。
    頭文字エムさん この枝留まりは最高ですね。
    目元の黒い線が濃いので全て雄の様な気がしますが
    如何でしょう~! 雌はこの色が薄茶色ですね。
    やはりシメ子(雌)ちゃんは優しい雰囲気です。
    d(。^(ェ)^。) good!!

  13. こんばんは~。
    シメってヤブの地面にいることが多いですよね。
    なかなか思うようにすっきり写真が撮れないのが手強いですね。
    地面の子もオスですか!
    迷ったんですが、言われてみればメスの目元はもっと淡いですよね。
    オスのようですね。
    教えていただき、ありがとうございます。
    早速訂正しますね。

  1. トラックバックはまだありません。

スパム対策です。数式が成立するように数字を入力してください。

このサイトについて

赤とんぼ スプリング・エフェメラル ジョウビタキ ゼフィルス ルリビタキ イルミネーション カワセミ オオムラサキ アサギマダラ ナミアゲハ モズ ウスバアゲハ コスモス シオカラトンボ メジロ マユタテアカネ アカボシゴマダラ ツマグロヒョウモン ヤマガラ アオスジアゲハ ウラナミアカシジミ ミドリシジミ ツマキチョウ ミヤマアカネ キタテハ よこはまコスモワールド スローシャッター モンシロチョウ ネキトンボ