クジャクチョウ

昨年、初めて撮影したクジャクチョウ。
今回のキベリタテハのポイントでも飛んでおりました。
生息ポイントは似てますね。
しかし、キベリを目の前にして、クジャクに浮気している場合ではない(笑)

このポイントで撮影したのは、車に戻る途中で撮影したこのカットのみ。
クジャクチョウ

ヤマキチョウを求めて移動した先にも飛んでいたので、こちらでゆっくり撮影させてもらいました。
クジャクチョウ

翅裏は真っ黒。
クジャクチョウ

名前の由来は翅の目玉模様がクジャクの飾り羽を思わせることから。
その名に負けない、美しいチョウですね。
クジャクチョウ

妖艶さを感じさせるこのチョウの日本の亜種名はgeisha(芸者)。
妖しいねぇ。
クジャクチョウ

マクロで接近しても逃げず、いいモデルになってくれました。
クジャクチョウ

都心部に住んでいる私には珍しい蝶ですが、長野の高山地では普通に見られる蝶なんですよね^^;
クジャクチョウ

近くの池では黒い赤とんぼ・ムツアカネもおりました^^
ムツアカネ

関連記事:

記事の評価

よろしかったらポチッと(Facebook非連動)
いいね! (未評価です)
Loading ... Loading ...
  1. 今晩は~! 今夜は一番乗りでっすよぉ~★
    キベリさん優先で最初の一枚だけでしたか!
    次の場所では存分に撮影出来て良かったで~す。
    マツムシソウにクジャクチョウは定番スタイル~
    この紫色と真っ赤な孔雀って素敵ですよね。
    今年は高層湿原に行ってないので…出遭いがないわ。
    初めて2000m超のお花畑で突然出遭った時は…
    この極彩色に一瞬「蛾かしら~」と思ったほどでした。
    しかし…断トツに美しいですね~♪ (‘∇^d) ステキ☆!!
    ヤマキチョウも待ってますネ。宜しく~~★

  2. うっすさん、こんばんはです!
    昨年も撮っておられるからでしょうが・・
    どちらも初見な私的にはどちらかと言えばクジャクがお気に入りかも・・
    このカラフルな翅表は一度はお目にかかりたいですが・・
    残念ながらこの子もマイフィールドではお目にかかれず(涙)
    残念無念!
    ポチッ!

  3. 表と裏とで こんなにも違うなんて驚きです。
    翅を閉じているところから全開したところを見たら
    思わず感嘆の声が上がりますね。
    孔雀を思わせる模様に その名前は納得ですが、
    個人的には【芸者】の方が好きです。

  4. 綺麗な蝶ですね~!!
    ウットリです。
    なぜこのように美しい翅になったのか。。。
    進化ってスゴイですね^^

    • 椿の茶屋
    • 2013年8月21日 10:36

    こんばんはー。豊作でしたね、うらやましいです(^^)
    どちらも、都会に住む者にとっては目にしてうれしい美しい
    チョウですね。ちなみにキベリタテハはNYでも見かける
    ことがあるんですよ。まだ撮るチャンスに恵まれないのです
    けど(^^;)

  5. この蝶、生で見てみたいです?^^
    とっても美しいですね。
    裏翅とのギャップもまた綺麗。
    芸者という名前の方がなんだかぴったりのような気がします^^

  6. こんばんは~。
    一番乗り、ありがとうございます^^
    この花はマツムシソウって言うんですね。
    花にはとんと疎くて^^;
    行かれた2000m級のお花畑って、かえでさんのBLOG記事を拝見していると、
    たぶん同じ場所だと思います。
    今回行ったときはお花畑って感じではなかったですが、
    そんな時期に行きたいですね~。
    ヤマキチョウ・・・実は玉砕してます><

  7. こんばんは~。
    見栄えの良さからいうと、クジャクチョウに軍配が上がりますね。
    派手ですからねぇ(笑)
    長野の高原に行くと、クジャクチョウは普通に飛んでいるらしいです。
    希少性ではキベリの方に軍配が(笑)
    どちらも日本中部以北の高山蝶ですから、東京からでも遠いです。

  8. こんばんは~。
    ご丁寧にありがとうございます!

  9. こんばんは~。
    翅の表と裏でこんなに異なる蝶も珍しいですね。
    このギャップも魅力的ですね~。
    芸者のほうがお好み?
    でも芸者蝶というより、やっぱり孔雀蝶のほうがおしゃれかな~(笑)

  10. こんばんは~。
    派手な見た目では、日本の蝶の中では1,2を争うでしょうね。
    蝶の写真を始めた頃、ずーっと見たいと思っていたのです。
    やはり山に行くと、都心では見られない蝶がいるので、楽しいです^^

  11. こんばんは~。
    目的のヤマキチョウは結局見つけられなかったので、志半ばなのですが、
    撮影はしなかったものの、色んな蝶が飛んでいました。
    やはり高山蝶は都心部では見られないので、姿を見ると嬉しいですね。
    NYでキベリタテハですか!
    NYの北緯は日本だと青森あたり?
    そう言われれば、いてもおかしくないんでしょうね。
    NYのキベリ、お待ちしております!

  12. こんばんは~。
    長野あたりの標高1500m級の高原に行かないと見れないのですが、
    機会があったら、ぜひお出かけくださいね。
    お花畑で飛んでいると思います。
    翅の表裏のギャップも魅力的ですね。
    juneさんも芸者のほうがお好み?(笑)

  13. おはようございます!
    PC復活しました(^^)
    昨年、お蔭様でクジャクチョウの撮り直しができました!
    キベリタテハも撮り直しできれば良いのですが・・・。
    kameさんも仰っておりましたが、この2種とも未だ撮影できていないのであれば
    私もクジャクチョウの方が良いかもしれません。
    あの目玉模様は魅力的ですね!
    クジャクチョウを満足行くまで撮った今ではキベリタテハの方ですが(笑)

  14. 6年ほど前に山梨県の山中でこの蝶を初めて
    観察しました。その折の感激は筆舌に尽くし
    がたいものでした。

  15. こんばんは~。
    PC復活、思ったより早かったのですね。
    良かったです^^
    クジャクチョウ、昨年はumajinさんと撮影に行きましたね。
    キベリはいませんでしたが、ミヤマハンミョウがいましたねぇ。
    そんな思い出の蝶ですね。
    見栄えから、キベリよりクジャクに目が行ってしまうでしょうね。
    私もそうかも知れません。
    クジャクは昨年撮影していたので、キベリを優先してしまいました(笑)
    ずーっと撮影したかった蝶ですしね。

  16. こんばんは~。
    私は昨年が初見でしたが、やはり大興奮しました。
    数がいなかったのですが、一頭をずっと追い掛け回していました(笑)
    キベリより出会いの確率は高いですね。

  1. トラックバックはまだありません。


− 6 = 3

このサイトについて